diary

Open VPN を使ってみたり

実家に帰ってきたら,いろいろポートが塞がってたりディストピア感がすごかったので, Open VPN を使って人権を獲得した。 RaspberryPi に APT で入るやつは公式の install guide に沿ってインストールできないように見えたので 辛そうだなと思っていたら,便利そうなスクリプトが転がってたのでそれを使った。 https://github.com/angristan/openvpn-install どういう設定で入ってるのかは知らん(アカン)が,まあローカルにあるサーバーだし問題ないやろ。 でも聞かれることに答えるだけでいい感じにしてくれて,あとは吐き出される設定ファイルを クライアント側に食わせるだけでよかったので本当に楽。 ちなみにクライアントは公式っぽいクライアント を使った。OS は Windows。BETA って書いてあるな。まあどうでも

Minecraft のマップの改造など

ブロックの高さと名前が出せるようになった。 パーサーをサーバーとして実行てきるようにして,PHP で Unix ドメインソケットで話させる みたいな感じにした。 サーバーの実装だけど,最初 wait してなかったせいで,大量のゾンビプロセスを作ってしまった。 これは,犠牲となる子プロセスを作ったあと,そのプロセス内でプロセスを立ち上げて レスポンスを返す感じにして,即座に終了する最初の子プロセスをwaitするようにして解決した。

ネタTシャツを作った

自分で買うぞと思いながら作った。 https://suzuri.jp/kofuk/3008828/t-shirt/s/white 短いコードが書かれている。内容は以下だ。 #include <stdio.h>int main(void) { int i,a; while(a<5) {a=a+1; printf("Hello, world!\n"); }} ツッコミどころが多すぎるので完結に表すと,こんなに短いのにクソ汚くて, しかも未定義動作まで踏んでしまうというコードになっている。 はい,しょうもない。 僕がブルジョワジーになった日に買おう。(来るのか?)