readline

プロンプトが壊れる件について

readlineのバグだったとか寝言言ってたけど違った。君のせいにしてごめんよ。 ソースコード読んでみて分かったんだけど、readline はエスケープシーケンスを考慮して文字数計算するみたいなことは もともとやってくれない。そのかわりに、文字数の計算で無視したい部分を ここ で定義してある RL_PROMPT_START_IGNORE (\001) と RL_PROMPT_END_IGNORE (\002) ではさむことによって プロンプトが崩れないようにする。 Bash のプロンプトを設定するときにはそれぞれ \[ と \] で挟むとこれらの文字に置き換えてくれるっぽい (これは挙動から推測しているだけで、正確には Bash のソースコードを読んでいないので分からない)。 これはちゃんと Bash の Manual page にも書いてある。 \[ begin a sequence of non-printing characters, which could be used to embed a terminal control sequence into

readlineのバグだった

注意: この記事の内容は間違っています。 こちらを参照してください。 この記事 で Bash のプロンプトが壊れるとか いろいろ言っていたが、いまさらながら調査した。 その結果、プロンプトにエスケープシーケンスが含まれていると、その文字数だけ履歴が残ったり 行の途中で折り返してしたりすることが分かった。 たぶんプロンプトから残りの文字数を計算する部分でエスケープシーケンスが処理されていない? 以下 PoC。 #include <stdio.h> #include <readline/readline.h>#include <readline/history.h> int main(void) { for (;;) { char *line = readline("\033[1mfoobar\033[0m"); if (line == NULL) { break; } add_history(line); } } これで 22222... の行まで入れたあとに 2 つ履歴を遡るとこれになる。 特に騒がれてないということはロケールとかフォント依存だったりするのかな……。 コード読んたりするのは明日以降に…。 と