GNU/Linux

Linux From Scratch

有名すぎて今更感あるけど(でも実際にやった人はあまりいないと思われ)やってみたい。 grub のコマンドを編集すると bash を init ってことにして 立ち上げたりできるので(シングルユーザーモードで起動するみたいな話), 特定の処理専用の Linux を作れるよな,と思ったところから, Linux From Scratch したいみたいな発想になってしまった。 http://lfsbookja.osdn.jp/7.10/ 翻訳のバージョンはちょっと古そうだが,英語を読むという辛さがないし, 参考にしながら腕試しがてらやってみるのもいいかな,という気持ちになった (持てる知識だけで新しい構成にしつつ起動するところまでいけるのかは微妙)。 そもそもこれは systemd じゃなさそうだし,systemd にするにはいろいろ変える必要がありそう。 まあ僕は

すごい syslog の話

なんか /var/log あたりを見ても syslog がないな,と思っていたら, systemd がすごい syslogd をやってるらしい。systemd 肥大化しすぎでは……。 で,そのログを見るには, $ journalctl とかする。 でも,これは保存されているログが古い方から全部出てしまうのでたいていの場合は用途に合わない気がする。 僕の場合は 12 月のログとかが最初に出てきてうーん,となった。 たいていの場合はログは新しい方から見たいんではないかと思うので,そういう場合は, $ journalctl --reverse とかすると,新しいものから表示してくれる。 あと --grep オプションとかもあって, $ cat /var/log/syslog | grep foobar みたいにやってたところを 1 つのコマンドで済ませられるっぽい。うーん,でもこれはなんかなー。 他には --since とか --until とかもあるっぽ

Cron

Systemd の timer という「すごい cron」があるけど,Unit ファイル作らないといけないし, 手軽さがないよなあ……。 cron は決してきれいではないけど,手軽なので使ってしまう。

Minecraft のマップの改造など

ブロックの高さと名前が出せるようになった。 パーサーをサーバーとして実行てきるようにして,PHP で Unix ドメインソケットで話させる みたいな感じにした。 サーバーの実装だけど,最初 wait してなかったせいで,大量のゾンビプロセスを作ってしまった。 これは,犠牲となる子プロセスを作ったあと,そのプロセス内でプロセスを立ち上げて レスポンスを返す感じにして,即座に終了する最初の子プロセスをwaitするようにして解決した。

PAM で遊んでみた

PAM で遊んでみた。PAM ってのは Pluggable Authentication Manager の略らしく, Linux のユーザー認証のしくみで,これの設定次第でユーザーが自由に認証の方法を変更できる。 例えばパスワード認証の代わりに指紋認証を使いたいみたいな場合もこの PAM のモジュールで実現できるはず。 当たり前だが,設定次第で認証システムを破綻(?)させることも可能で,常にログインできる PAM モジュールを使ってパスワードなしでログイン可能にしてしまったり,逆に絶対にログインできない PAM モジュールで全ユーザーを締め出したりもできてしまう。てなわけでまあ割とヤバイ部分で遊んだ。 PAM のモジュールを書くのはとても簡単な部類で,常にログインできるやつとかだと下みたいなコードで できたり

gsettings で変更したい設定メモ

ウィンドウのボタンの配列を変更 Unity の頃の Ubuntu に慣れすぎて Windows なレイアウトに慣れないので, mac 風のレイアウトに変更. ※ 決して Windows が嫌いだからとかそういう理由ではない. $ gsettings set org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout 'close,minimize,maximize:appmenu' CapsLock を潰す 鬱陶しいので. あとついでに Caps の位置に Ctrl があるのに慣れといた方がいいかな, と. $ gsettings set org.gnome.desktop.input-sources xkb-options "['ctrl:nocaps']" gsettings ではないけど,linux console で CapsLock を Ctrl として使うには, /etc/default/keyboard に以下を追加する. XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

Android の Factory Image を Linux でマウントする

Google からダウンロードできる Nexus用 (もしくは Pixel用) のFactory Image は Linux でそのままマウントすることはできません. $ sudo mount system.img system mount: /home/kofu/Downloads/razorg-JLS36C/tmp: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop6, missing codepage or helper program, or other error. これをマウントするためには, simg2img というコマンドを利用します. APT で入ります. $ sudo apt install simg2img $ simg2img system.img out.img $ sudo mount out.img system simg ってのは何かというと, img の空の領域を圧縮してサイズを小さくしたものらしい (simg2img の simg とは何か? (make_ext4fs コマンドなど)).

Surface GoにUbuntuをインストール

まずはじめに、Surface Go に Ubuntu をインストールするモチベーションは何かというと、 Surface Go を買ったときにとりあえず (とりあえずかどうかは議論が分かれるところですが) 入っている OS は当然ながら Windows 10 なわけですが、ずっと GNU/Linux の何らかのディストリビューションを使ってきた 僕としては Windows がどうしても使いにくかったということです。Surface Go は大きさとしては なかなかコンパクトで持ち運びしやすいのでこのサイズで OS が Windows じゃなかったら (婉曲?) 最高だなと思ったってのもあります。 まあそんなわけで (まとまらなかった) インストールの手順を書いこうと思います。 インストーラの USB をつくる ここが一番大変だったかもしれません。 自分の場

Ubuntu で freeglut を使う

環境は Ubuntu 18.04.3 LTS x86_64 です. 必要なパッケージを入れる $ sudo apt install freeglut3-dev 試す なんか適当に #include <stdlib.h>#include <GL/glut.h>#include <GL/gl.h>#include <GL/glu.h> static void display(void) { glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT); glFlush(); } int main(int argc, char **argv) { glutInit(&argc, argv); glutInitWindowSize(256,256); glutCreateWindow("Hello"); glClearColor(1, 0, 0, 1); glutDisplayFunc(display); glutMainLoop(); return 0; } 256x256 のウィンドウを赤く塗りつぶすだけです. で,コンパイル $ gcc main.c -lglut -lGLU -lGL -lm できました. 適当に Makefile にしておく ライブラリが多くて毎回指定するのは面倒なので, Makefile 必須っぽいです. LDFLAGS = -lglut -lGLU -GL -lm .PHONY: all all: main.o $(CC) main.o $(LDFLAGS) Man よこせ $ sudo apt install opengl-4-man-doc で入るみたいです.でも見た感じ, gl で始まる関数しかないっぽい. まあパッケージ名から想像がつくけど. glut とか glu とかの man の入手の仕方を教えてください. さいごに Windows でやる方がめんどくさいな,という印象ですね.まあ NuGet を使えば一発で入ることは入るんですが. でもあれはプロジェク