ArchLinux

Arch LinuxでWindowsの起動USBを作る方法

Windows のイメージは Microsoft のサイトからダウンロードできるが、 クソデカファイルが含まれているので、そのまま焼いても (USB の作成は成功したように見えるが) 壊れた起動 USB ができている。 FAT32 は 1 ファイルのサイズには 4 GiB の制限があるが、ISO ファイルには 5 GiB 超の ファイルが入っているのでそのまま焼くことができない。 このクソデカファイルを分割することで、この制限を突破することができるので、 その方法で起動用の USB を作成する。 1. USB を FAT32 でフォーマットする 普通。コマンドでやるなら下みたいな感じかな。 # parted /dev/sdb (parted) mklabel msdos (parted) mkpart primary fat32 0% 100% (parted) q # mkfs.fat -F32 /dev/sdb1 sources/install.wim 以外をコピーする ダウンロードしてきたイメージをマウントし、中のファイルをコピーする。 cp でやるなり rsync 使

ArchLinux のフォント設定

なんかおかしいな〜と思いつつ何もやってなかった。 Noto の CJK フォントはインストールするだけじゃなくて自分で symbolic link 作ってやる必要あり。 $ ln -s /etc/fonts/conf.avail/70-noto-cjk.conf /etc/fonts/conf.d/. これをやっていなかったので,あらゆるフォントが Noto Sans CJK JP で描画されていて, ソースコード部分に web font 使ってないサイト(つまり自分のブログ)のソースコードとかが死んでた。

iBusのアップデートでGNOMEのIMEの問題が直った

GitHub のプロジェクトのページを見ている感じではリリースは夏ごろかなと思っていたのだが, 今日 ArchLinux でアップデートが来た. Wayland でインプットメソッドが使えない問題も直ったので,Xorg から Wayland に切り替えることができた. Wayland に切り替えて何が嬉しいかというと,割と簡単に小数単位のスケーリングができることだ. 先日,ThinkPad X1 Carbon が届いたのだが,今回はちゃんとフルハイの解像度のを選んだので 画面の表示が小さすぎて辟易していた.それで今日のアップデートで大きく表示できるようになったので 快適になった. ただ,この小数単位でのスケーリングは問題もはらんでいるようで,GNOME のアプリ以外の多くのアプリは の解像度が低いままで拡

rootfs に NTFS を使う?

しかも ArchLinux でやってる。エモい。 https://github.com/nikp123/ntfs-rootfs/wiki 正気か?POSIX のパーミッションをサポートしてないので無理な気がしたけど 非公式のサポートがあるらしい。誰得なんだろ。 安定しているの? シャットダウンできないことを除けばとても安定している。 🤔 パーミッション周りをゴニョゴニョやってるせいでパフォーマンスは悪いらしい。